カーボンハンドル欲しい病

ハンドル周り
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは、よかろうもんです。

時計欲しい病の次に罹患した病は、「ハンドルカーボン欲しい病」。
昨日、久しぶり実走して、ロードバイクの爽快感に浸った。
今はアルミハンドルで、形状はとても気に入っている。
ただし、9月の英彦山ヒルクライムに向け、モチベーションを上げるグッズが欲しいところ。
2つ候補があり、どちらにしようか迷い中。
一つ目はGiant純正の、
IMG_20180712_201507
メリットは軽さに加え、
Giantカーボン製品ならではのコスパに優れること。
次点候補は「SACRA DBサースター」。
シマノの開発出身者によるパーツメーカー「SACRA」。
大企業では出来なかった尖った商品を作ることを消費者から勝手に望まれるメーカーになりつつある(かもしれない)。
IMG_20180712_202201
メリットは、
エアロ形状がカッコよさげ、
その平べったさから、上下方向にたわみ振動吸収性に優れる。
平地巡航が好きなので、僅かながらエアロ効果も期待できるか?
いや、実はハンドル形状による空気抵抗軽減よりも、乗り手のポジション変更によるそれの方が効果が大きいとのこと。
価格は24000円と良心的。
使い勝手はこんな感じらしい。
以上!
ただし、本当は新型のSPECIALIZEDのVENGEについているエアロハンドルが欲しい。でもどうやら単品売りはないらしい。
はぁ、どうしよう。
今週は3連休だし、さっさと決めてしまいたい。
さて、機材のことは程々にして、明日も朝練しよう。
スポンサーリンク
ハンドル周り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかろうもんをフォローする
スポンサーリンク
ロードバイクレター

コメント