哀車のグレードアップ

カスタマイズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、よかろうもんです。

今朝は普段使いで活躍している哀車のグレードアップ作業を実施しました!

哀車とは、DOPPELGANGER(R) FX05 raptor!
9年前、会社のゴルフコンペ賞品で獲得した商品である。
ちなみにコンペの幹事として商品選定したのも私だ(汗)
今回ドッペルゲンガーについて調べたところ、魔改造する人(愛好家)が多いらしく結構な数のカスタマイズ事例が出てくる。
そんな9年乗り続けた哀車(チェーン以外ノーメンテ)に感謝の意を込めて(嘘)、ブレーキ音が五月蝿くて歩行者を威嚇してしまうことに気が引けてブレーキ換装を決意!
おそらく経年劣化でブレーキシューが硬化しているのだろう。
リムはそう汚れていない。
ブレーキシューが800円でブレーキシュー付きブレーキセットが2,000円であれば、一気に良いものに変えようという流れに。
DEOREとはMTB用のコンポで、ロードでいうと105グレードとのこと。

IMG_20180529_074230

このやかましいVブレーキを交換。
IMG_20180529_081147
交換開始!
IMG_20180531_064234
白いVブレーキの両方の上端を洗濯ばさみのようにつまむと、左側上部の金具が外れる。その後、自転車本体とVブレーキは1本の六角ナットで固定されているだけなので2つとも外す。
ブレーキワイヤーも六角ナット1本で挟んで固定されているだけ。
IMG_20180531_064422
あっという間に外れる。
この後、L字型の金具と黒いゴム管もDEORE付属の新品と交換。
IMG_20180531_064814
ブレーキbefore&after。
違いはブレーキシュー長、その他造りの精度の高さなど多数(笑)比べたら可哀相。
シマノに勝てるパーツメーカーはそういない。
IMG_20180531_065157
取り外しと逆の手順を踏んであっという間に取り付け完了!
IMG_20180531_081826
出社時間になったので、細かい調整とインプレはまた今度。
押し歩きながらちょっとだけ試したら、後輪がロック(笑)
この次はフロントのブレーキ着手しそうだが、トータルで掛かる費用・時間を考えると、いっそのことミドルグレードの小径車の中古車を手に入れた方がいい気がする。
いや、違う。
本質は、いい自転車が欲しいのではなく、カスタマイズしたいだけなのだ(笑)カスタマイズする理由が欲しいだけなのだ(T_T)

IMG_20180531_130856

 

スポンサーリンク
カスタマイズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかろうもんをフォローする
スポンサーリンク
ロードバイクレター

コメント