GARMIN EDGE 1030の後継機種「EDGE 1030 Plus」についての記事はコチラ

GARMIN EDGE1030の後継機種「EDGE 1030 Plus」が7月16日日本発売開始

サイコン

GARMIN EDGE1030の後継機種がリリースされました!
日本での発売時期は未定ですが、アメリカで6月に発売開始となりました。
アメリカでの販売価格は、サイコン単体で599ドル(6/17の為替換算で64,000円強)です。

アフロさん
アフロさん

通販サイトでEDGE1030 が取り扱い中止になっていたのは、後継機種が新発売されるからってことだったのか!

 

右側のサイコンが旧機種のGARMIN EDGE 1030

↑右側のサイコンは旧機種のEDGE1030です。

EDGE 1030の後継機種となる製品名は、「EDGE 1030 Plus」です。
その名が示す通り、フルモデルチェンジというよりも元々の機能を少し改善したマイナーチェンジ版です。
EDGE 130もマイナーチェンジされ、EDGE 130 Plusとして発売されますので、ついでに写真を載せておきます。

EDGE1030 Plusの改善点を見ていきましょう。

ガーミン エッジ(Edge) 1030plus 日本版 スピード ケイデンス 心拍センサーセット タッチパネル GPS ブルートゥース(010-02424-60)
スポンサーリンク

GARMIN EDGE 1030 Plusの改善点

ぱっと見の外観では、ディスプレイ周辺を囲っていた枠がからになりました。
汚れが目立ちにくくなるので嬉しい変更です。

うれしい追加機能

EDGE830/530に搭載されていた機能も追加されます。
特に2番目のヒルクライムアシスト機能は嬉しい機能追加です。

  1. 高度/暑熱順化 評価機能
  2. ClimbPro(ヒルクライムをアシストする機能)
  3. バッテリーが4時間伸びて24時間持続
  4. タッチパネルのクオリティ向上(視認性向上&雨天時等での誤動作防止)

旧機種のEDGE 1030も、ファームウェアアップデート(2020年1月)により上記のClimb Proが発売後に使えるようになっています。

高度/暑熱順化機能:22度を超える環境にどれだけ適応したか、また標高800mを超える環境にどれだけ順応したかを数値で表示

ClimbPro(クライムプロ)ヒルクライムアシスト機能:頂上までの残距離と残距離に対する平均勾配をリアルタイムに表示

旧機種より4時間伸びて、24時間持続する大型バッテリーを搭載し、更に拡張バッテリーを組み合わせると持続時間が倍増

ファームウェアアップデートでこれらの機能を販売後に追加するんだったら早く言ってほしかった。
もうWAHOO ELEMNT ROAMに乗り換えちゃったよ(涙)

WAHOO ELEMNT ROAM(ワフー エレメント ローム)2019年7月9日以降出荷開始!
WAHOO ELEMNT ROAM(ワフー エレメント ローム)が2019年6月10日に発売されることが決定しました。画面サイズや新機能について、格上企業のGARMIN EGDE1030と比較してみました。

その他の主な追加機能

基本的な機能が底上げされました。
新しいプロセッサの採用で操作がサクサクになるので嬉しいですね。

  1. プリインストールされたGarmin Cycle Maps(アメリカ・欧州)の範囲拡大
  2. ストレージが16GBから32GBに倍増
  3. 新しいプロセッサにより2倍高速化(サクサク動作)
  4. GARMINユーザーの場合、旧機種からセンサー等の設定を自動でインポート可能
  5. トレーニング実績に応じて、その日の最適なトレーニングを提案
  6. Garmin LiveTrackにより、家族や友人がライダーの場所をライブで確認可能(EDGE530と830もプログラムアップデートにより対応可能に)

主要スペック

マイナーチェンジということもあり、大きな変更はありませんが、もともと完璧に近かったEDGE1030がより至高の域に達している印象を受けます。

EDGE 1030 PlusEDGE 1030
サイズ幅5.8 x 高さ11.4 x 厚み1.9 cmPlusと同じ
重量124g123 g
防水性能IPX7Plusと同じ
使用電池充電式リチウムイオンPlusと同じ
タッチスクリーンPlusと同じ
ディスプレイサイズ3.5インチ (88.8 mm)Plusと同じ
解像度281 x 470 ピクセルPlusと同じ
カラー表示Plusと同じ
稼働時間最大 24 時間最大 20 時間
マップ追加機能Plusと同じ
ベースマップPlusと同じ
ストレージ/電力容量32 GB 16 GB / microSD™

なお、ストレージ容量拡大に伴い、micro SDカードスロットが廃止になりました。

ガーミン エッジ(Edge) 1030plus 日本版 スピード ケイデンス 心拍センサーセット タッチパネル GPS ブルートゥース(010-02424-60)

GARMIN EDGE 1030 Plusの残念な点

電源供給の規格が、micro USBです。

両面で刺すことの出来るtype-Cの方が圧倒的に楽であり、最近のデバイスの主流はtype-Cです。

個人的にはスマホの電源規格がtype-Cなので、サイコンと同じにしたかったです。

次期モデルに期待しましょう!

GARMIN EDGE 1030 Plusの日本での発売時期

2020年7月16日発売です。

単品販売はなくセットで、86,000円(税別)です。

ガーミン エッジ(Edge) 1030plus 日本版 スピード ケイデンス 心拍センサーセット タッチパネル GPS ブルートゥース(010-02424-60)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました