「2020年新型DEOREでクロスバイクをフロントシングル化&10速化する作業手順」についての記事はコチラ

室内専用トレーナーNEO Bike Smart 日本国内で買えるか?買えます!

TACX NEO SMART

12月から使用し始めたTACX Neo Smartですが、かなり快適に使用しています!

Zwiftのレースが断然楽しくなりました(遅いけど)。

スマートトレーナーならではのメリット=実走感

なぜかと言うと、登坂時に他のライダーと差をつけるチャンスがあるからです。

スマートローラーでないローラーを使用した場合、Zwift内で坂に突入すると、画面上のスピードが落ちる一方で脚への負荷は何ら変化しません。
そのため、レースで順位を落とさないようスピード維持に努めようとすると、ギアを重くしなければなりません。

実走では坂に突入すると脚への負荷が高まるため、ギアを軽くするのが普通なのに、通常のローラーだとそれが逆に動きになることから違和感実走感のなさにつながります。

TACX NEO Smartを超える究極のアイテム

TACX Neo BikeSmart 

お値段2,599ユーロ!日本円換算で、311,000 円(2020年2月時点)

かなりの高額商品ですね。

日本で発売される際には、輸送費などが上乗せされて先ほどの単純換算価格よりも高い値段になることが予想されます。

これはすごい!ロードバイクがいりません(笑)
もはやロードバイク乗りに特化したエアロマシンと言える形です

Neo BikeとNeo Smartとの違い

  1. Neo Bikeは、スプロケやチェーンが露出していない
    (負荷は全て電動コイルによる磁力の強弱で再現)
    →チェーンの駆動音がしないため、かなりの静粛性が期待できそうです。
  2. バーチャルシフターが付属
  3. ハンドル前部に、パワーインジケーター(モニター)が付属
  4. ポジション変更が自由自在(ハンドル、ステム、サドル)
  5. 細かいアクセサリーが満載
    (ハンドル前部にタブレットホルダー・スマホ置き場・ファン×2・
    USBチャージャー×2、ボトルケージ、スウェットカバー)

電動ファン、パワーインジゲーター、スマホ置き ※前面の大きなタブレットは自分で用意する必要があります

バーチャルシフター

 

気になるスペックはTacx Neo Smartとそう大きな違いはなさそうですが、

重量が50Kgと超重量級(Tacx Neo Smartは重量21.5 kg)です!

TACX NEO BIKEは日本に輸入することは難しそう

高価すぎるため、すぐに買える代物ではありませんが、日本で入手可能か否かを調べてみました。

BIKE24で買えるか?

海外通販で個人的にはおなじみのBIKE24では入手可能なのでしょうか。

結論から言いますと、購入不可でした

メーカー直販サイトからは購入可能か?

次にTacxホームページからの直販では購入可能でしょうか?

結果、購入不可でした。BUYボタンが見当たりません。

輸入代行しているショップから購入するしかなさそうですね。

2020年1月から日本でも販売開始

現在入荷待ちですが、日本でもYahoo!ショッピングで購入が可能となりました!
ポイントバックは10%以上あり、気になるお値段は407,000円です!
お値段も最高峰ですが、インドアトレーナーとしての機能も最高峰なTacx NEO bike smart
WAHOO KICKRと比較すると、TACX NEOシリーズは究極の静粛性を誇り、日本では抜群の信頼性を誇っています。
接地面積も低く、TACX NEO SMARTよりも高い静粛性があることが期待できます。

純粋に欲しい!
後は購入する元手を手に入れるだけだ!

TACXのスマートトレーナーの信頼性の高さが分かる記事はコチラ

ライバルのWAHOOが究極の室内トレーナーを発表

TACXと激しいライバル争いを繰り広げるWAHOO社が、強力な商品を発表しました!

究極の室内トレーナーWAHOO KICKR BIKEが発売決定!日本発売は2020年4月!
WAHOOから究極の室内トレーナー「KICKR BIKE」が発表されました。まだ日本での発売日など発表されていませんが、インドアトレーナー派にはとても気になる商品です。デザインはシンプルにしてスタイリッシュで、機能美と言っても良いほどカッコいいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました