LINEでゆうパックのお届け予定日を通知できたり、お届け日時・受取場所の変更が可能になりました

お役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本郵便のアカウントをLINEに登録すれば、今までできなかった日本郵便の配送サービス(ゆうぱっく、レターパックなど)のお届け日時・配達場所などを変更できるサービスが2019年3月18日から利用できるようになりました!

ネット通販やオークションで日本郵便の配送サービスを活用されている人はたくさんいますが、荷物がいつ届くかが事前には分からず、再配達についてストレスを抱えている人はかなり多いですよね。

クロネコヤマトのLINEサービスでは受取日時・場所を「荷物受取前」に変更できるのでかなり便利ですが、いままで日本郵便はそれができませんでした。

あくまで、一度不在通知が投かんされた後の再配達日時の指定しかできず、かなり利便性が悪かったです。

日本郵便はこれまでも、LINE公式アカウントを使ったサービス「ポスくま」をリリースしていましたが、そのサービスをさらに使いやすくした新サービスのようです。

ただし、冒頭でも記載の通り、その不満が解消できるサービスがリリースされましたので、ネット通販やオークションをたくさん使用する人には朗報です。

日本郵便としても再配達する量が減り、働き方改革につながることですので、サービスの利用者・提供会社がWIN-WINとなる素晴らしいサービスだと思います。

具体的に、どのようなサービスかを見てきましょう。
今回発表されたサービスは大きく2つに分類されます。
eお届け通知」と「e受取チョイス」です。

スポンサーリンク

サービスその1「eお届け通知」

簡単に言うと、「荷物のお届け前」に、お届け予定日を電子通知して、受取日時を変更できるサービスだね。

サービスのポイント
・日本郵便の通知用 LINE 公式アカウント「郵便局 [e お届け通知 ]」から、荷物のお届け予定メッセージ (e お届け通知 ) をお知らせ
・ 届いたメッセージからお届け日時等を変更することができる

税金支払いや配送関係など、世の中の大半の人が利用するプラットフォームに対するLINEの参入が目立つ

サービスその2「e受取チョイス」

簡単に言うと、「荷物のお届け前」に、ネットで受け取り方を指定できるサービスだね。

サービスのポイント
・受取人が不在でも受け取ることができる。
・受取場所として指定できる場所が、「玄関前、宅配ボックス、郵便受け箱、メーターボックス、物置か車庫」とバリエーションが多彩に。

メーターボックス(笑)

ゆうパックサービス改善まとめ

クロネコヤマトに遅ればせながらのサービスですが、Amazonやオークションで購入した商品を受け取る際に、体感的には7-8割が日本郵便になっている気がするので、個人的には大幅なサービス改善だと思います。

ありがとう、日本郵便!感謝、感謝。

まずは、日本郵便の公式アカウント「「郵便局 [e お届け通知 ]」に登録(お友達になる)しましょう!!!

「eお届け通知」

ゆうパックの伝票上のお届け電話番号日本郵便の公式アカウント「「郵便局 [e お届け通知 ]」に登録した電話番号が一致すると、配送前に配達日や受取場所の変更ができる。

「e受取チョイス」

受取場所を「玄関前、宅配ボックス、郵便受け箱、メーターボックス、物置か車庫」に指定すれば、受取人が不在でも荷物を受け取れるサービス。

日本郵便の公式アカウント「「郵便局 [e お届け通知 ]」のおともだち登録の方法

スポンサーリンク
お役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかろうもんをフォローする
スポンサーリンク
ロードバイクレター

コメント