Tacx NEO Smartのビビリ音対策①の結果

TACX NEO SMART
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、よかろうもんです。

前回からの続きです。

スポンサーリンク

ビビリ音対策

星型ネジの増し締め

星型レンチ(サイズはT20)を使用して、本体周辺のネジ(写真以外の矢印部分以外にも多数のネジがあります。)を増し締めすることにより、本体のプラスチック部品同士の振動による(推測)ビビリ音の解消を試みました。

対策の効果はどうだったのか?

失敗(星型ネジの増し締めでは解消できず)

やはりビビリ音が発生します。
大音量ではないのですが、やはり追い込んで漕いでいる最中に鳴ると、集中力が若干そがれるので何とか音が鳴らないようにしたいです。
ただし、以前よりも高負荷で漕いでいる時にのみ発生するようになりました。
具体的には、3w/kgでケイデンス95-100という条件下です。
増し締め前には、2.5w/kgという走行条件下でも発生していたので、何も対策をしないよりはマシなようです。

ビビリ音発生箇所の再度特定

ビビリ音はどこから発生しているのか?

ビビリ音がしている箇所を、より詳細に特定しなければなりません。
どうも前方の金属ヒンジ部付近から音が発生しているような気がします。
その周辺にネジが隠れていないか、また周辺部品に遊びがないかを確認しました。

金属ヒンジ部上の青色/赤色のインジゲーター(NEOの脚部の開閉ロックが、きちんと機能しているかどうかを示す部分)のプラスチックパーツを押すと、ペコペコ押せる感触があり、ここが鳴っているのではないかと思います。

次なる対策を考える

次の対策を1つずつ実施して、ビビリ音を何とか解消したいところです。
また、後日に報告させてもらいますね。

① ヒンジ部付近に薄いゴム板のようなものを挟む。
② 床とNEOの間にクッションマットを挟み、NEO⇔コンクリ床の振動反発によるNEOのプラスチックパーツの共鳴を防ぐ。クッションマットがだめなら、高いけどブルカットもありですね。

Tacx – Neo Direct Drive スマートトレーナー

このブルカット、防振性能が抜群で、室内トレーニングを行う自転車乗りが、スポンジマットやヨガマット更にはコンクリート材とゴム材の組み合わせなどを色々試した後に、最終的に落ち着く最終兵器のような防振材なのです。
Tacx NEO Smartのビビリ音対策②の結果【解決】
高いお金を払って購入したTACX NEO SMARTですが、高い負荷をかけると外装部品からビビリ音がします。私が異音を解消するために採った対策その2を紹介します。
404 NOT FOUND | ロードバイクレター
ロードバイク関連の情報を主観的・積極的に発信!

コメント