ロードバイク界隈でマウンティングが無くならない理由についての記事はこちら!

【GIANTスマートトレーナー初号機シクロスマート】GIANT CYCLOSMART VS Tacx NEO Smart

GIANT

どうも、よかろうもんです。

最近スマートトレーナーがブームです。
スマートトレーナーに新規参入するメーカーが、相次いでいるのです!
スポンサーリンク

スマートトレーナ―の新規参入が活性化

新興メーカーの台頭

台湾Acerの系列会社xprova社のNOZA
Acerグループの中ではベンチャー企業の様な立ち位置です。

巨大メーカーの参入

今回新規参入しスマートトレーナーの販売を開始したのは、世界ナンバーワンの巨大自転車メーカーの、
我がGIANTです!!
その名もCYCLOSMART!!
 
私はGIANT乗りですが、盲目的ではないので冷静に、良くも悪くも冷徹に比較したいと思います。

Tacx NEO SmartとGIANT CYCLOSMARTを比較

外形的スペックで勝ってる部分はカラーリングします。

Tacx Neo Smartのスペック

・パワー計測精度:2%未満の誤差
・ZWIFT自動負荷対応(路面の凸凹を再現
・最大出力 2,200W
・騒音レベル
     49-50db(20km/h走行時)
     55-6db(30km/h走行時)
     62-3db(40km/h走行時)
・仮想斜度 25%相当(★0.1%刻み、下りも再現
・通信規格:
          ANT+ FE-C、
          Bluetooth Smart open
・対応スプロケ:
          Shimano 10s/11s
          SRAM 10s/11s
・設置サイズ:
          75(幅)x55(縦長)x65cm(高さ)
・重量:21.5kg
・約¥118,000(Bike24、税込)

GIANT CYCLOSMARTのスペック

・パワー計測精度:2%未満の誤差
・ZWIFT自動負荷対応
・最大出力 2,300W
・騒音・振動レベル
  他社同価格モデル比で
  →不快な周波数を1/10に低減
  →振動を1/2に低減
   ※比較モデルが不明→不透明
・仮想斜度 20%相当
・通信規格:ANT+ FE-C、Bluetooth FTMSプロトコル
・対応スプロケ:
     9-11s 11カセット付き!
 フロントホイールブロック:不要
・設置サイズ:
65(幅)x66cm(縦長)x高さ不明
・重量:16.5kg
・¥136,080(通販不可、税込)
GIANT CYCLOSMARTの詳細を写真でウォッチ!
安定感はバッチリのようで、さらに前方の脚元には高さ調整機能があるようです。
前後に折りたたみもできそうですね!
次は、正面から。
ブラック×シルバーで金属の塊感がカッコいい

持ち運び用のグリップ
これは強度もありそうだし、持ちやすそうで羨ましい!
最後に内部構造。御開帳!
アレレ?
せっかくのいい流れだったのに、これは不安を感じます。
何せ部品点数が多過ぎる気がする。
①内部の特殊そうなチェーン。
 →長期的にはチェーン伸びそう。
  定期的に注油も必要。
②③Vベルト!音鳴りリスク、摩耗リスクあり!

因みにTacx NEO Smartの内部がどうなっているかというと。。。
→シンプルな構造。可動部分が1箇所と最低限になっています。
銅色部分は負荷を生む電動コイル。この部分は磁力を発生させるのが役割で回転しません。回転するのは、銀色の円盤型のフライホイールで、フライホイール内部に貼り付けられた磁石に電動コイルが働きかけ、憎き凶悪な斜度をzwift上で再現するのです!

構造がシンプル=故障しにくい

内部構造から見ると、Tacx NEO Smartに軍配が上がります。
不具合が出にくい、故障しにくいという点で、シンプルな構造というのは正義です!
GIANTシクロスマートは実際に乗ってみないと実力が分からないものの、戦略的な価格でTACX Neo Smartの良きライバルになりそうです!
次々といいスマートローラーが開発され、室内トレーニングユーザーの選択肢が拡がれば良いですね!
頑張れ、GIANT!
404 NOT FOUND | ロードバイクレター
ロードバイク関連の情報を主観的・積極的に発信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました