ロードバイク界隈でマウンティングが無くならない理由についての記事はこちら!

【設定編】Tacx NEO Smart

TACX NEO SMART

実走と違って、インドアトレーニングは基本的にしんどいものです。
継続できずやめていく人が多いのが現状です。
私は1年以上継続してインドアトレーニングをしているので、世の中的には変態に分類されると思います(笑)
そんな私が思うのは、事前準備をいかにスムーズに済ませておくかが、インドアトレーニングの継続の秘訣です。
トレーニングをサボらないために、Tacx NEO Smartの設定作業に励みます!

スポンサーリンク

Tacx NEO Smartの設定(スプロケ装着)

まず用意したのはスプロケット
Tacx NEO Smartにはスプロケットが標準装備されていないので、トレーナー専用のスプロケットを準備する必要があります。
そこで私は、予備で保有していた12-25Tのアルテグラスプロケと、日本のコンセントに適合したアダプター用のコンセントケーブル(メガネ電源ケーブルという名称で400円程度と格安で市販されています)を別途手配しました。

予備で所有していたスプロケットと、何かの家電(PCのアダプタ?)についていた眼鏡ケーブル

電源を繋げなくても、登りだけなら傾斜を再現します(ライダーの漕ぐ力で自家発電する仕組み)ので、停電時でもトレーニングできます(笑)。
ちなみに、下りの際に電源OFFでは、下り傾斜を再現しません
下り好きの私としては、電源を接続しない理由はありません(笑)。
トレーナーハブへのスプロケ装着前に、固着防止のための万能グリースを塗布します。
この時、べったり塗らず、うっすらと塗ります。
写真でうっすら具合が伝わらず申し訳ないですが、絶妙な塩梅のオイル塗布です(笑)。

あくまでうっすらと膜を張る程度にとどめます。

Tacxと印字がされた部分を狙いスプロケを装着します。
スプロケの受けの部分の溝の幅が1箇所(上の写真のTACXと印字されている部分)だけ広く、その部分しか構造上ハマらないので、間違えようがなく安心な造りです。

Tacx NEO Smartの設定(インドアトレーナー以外の設置)

あとは後輪を外したロードバイクを先程のスプロケに乗せると、あっという間に設置完了です。

2020年最新の練習環境、次回の練習に備え、いつも練習着をスタンバイさせています

https://roadbikeletter.com/archives/2530
練習着と扇風機とPCモニターをセットオンしておけば、いつでも練習(ZWIFT)に取り掛かることが可能です。
設定編はこれにて終了です。
次はZwift実走レビュー編へと移ります。
海外通販サイト「WIGGLE(ウイグル)」で買い物をする前の事前登録方法
海外通販サイト「WIGGLE」で買い物をする前の事前登録方法を分かりやすく解説します。 写真の流れを追っていけば、簡単に準備を進めることが出来ます。
Tacx NEO Smartのまとめ記事
Tacx Neo Smartの海外通販での購入方法や、設定方法、実際に使ってみてのレビュー・インプレのほか、異音対策、メンテナンス方法や分解方法を詳しく解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました