【Zwiftでの実走レビュー・インプレ編】Tacx NEO Smart

TACX NEO SMART
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、よかろうもんです。

Tacx NEO Smartを購入した当初の目的は、Zwiftをより楽しむことでした!

ということで、実際に試してみました。
デビュー時ならではの喜び・感動を忘れないために当日中に感想をまとめておきます。

スポンサーリンク

NEOの設置環境などレビューの前提条件

  • マンション住まいで玄関の靴を置くコンクリート部分にNEOを直接設置
  • 練習時間帯は朝の6:00~7:00で、家人は皆7:00起床
  • 玄関の隣の部屋(壁1枚隔てている)で妻が寝ている
  • マシンはカーボンフレーム(GIANT TCR Advanced Pro TEAM)
  • 比較対象はミノウラのハイブリッドローラーFG540
  • Zwiftのスマートトレーナーの難易度設定は中

私の感じた偽りなき正直な感想

【走行音】

ローラーの回る音がしないため、極めて静か(無音ではない)で、妻の評判高し

→「グォングォンという音が全くしなくなり、チャリチャリという音が聞こえる。」
・わずかにフライホイールの回る音(フォンフォン・・)が聞こえる

【振動】

・コンクリート上に設置しているため、周辺の物体が共振している様子は皆無

実走感

・1%の登坂でも負荷が掛かるため、ギアチェンジ頻度が上がりコースに集中することからZwiftに対する没入感がかなり高まる
・コース情報を見ながら先を読んだ走行をするようになるという点で、実走感が高まる
・後輪はロックされているため、路上のように車体を左右に振るような実走感はない
・下り坂で負荷が軽くなるため、実走と同じく脚を少し休められて嬉しい
・坂を上りきると負荷がゆっくり軽くなるため、坂を上り切った達成感が得られる
・上り下りの負荷のかかり方は極めてスムーズであり、ローラーでは一定出力で漕ぎ続けるところ、地形に応じて勝手に負荷が掛かる本機では300w近くで頑張ろうという気持ちになり、結果的にいつもより密度の濃い練習ができる
・本体が左右に動き、フレームへの負荷を逃がす構造らしいが全く動いていない気がする

 

その他

・ローラーではローラー部分の高さの分、サドル位置が高くなり乗り降りが大変だが、本機は限りなく路上で乗る感覚そのもので乗り降りが容易
・クランクを回すと本機の前方下部が怪しく青色に光るが感動するのは最初だけで慣れる
・いろいろなコースを試してみたくなる(特にヒルクライムをしたくなる)

ということで、今回のお買い物は、非常に満足度の高い結果となりました。
おかげさまで実走が減り、仮想現実空間へまっしぐらとなりそうです。

Tacx NEO Smartのまとめ記事
Tacx Neo Smartの海外通販での購入方法や、設定方法、実際に使ってみてのレビュー・インプレのほか、異音対策、メンテナンス方法や分解方法を詳しく解説します。
スポンサーリンク
TACX NEO SMART
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかろうもんをフォローする
スポンサーリンク
ロードバイクレター

コメント