GARMIN EDGE 1030の後継機種「EDGE 1030 Plus」についての記事はコチラ

【関税はいくら編】Tacx NEO Smart

TACX NEO SMART

Tacx NEO Smartに掛かった関税は結局いくらだったのでしょうか?

スポンサーリンク

伝票上は「4,778円」

  1. 品名 Customs Duty Free Goods
  2. 統計品目番号(税表番号) 9A
  3. 原産国 オランダ
  4. 課税標準価格  60,300円
  5. 消費税(6.3%) 3,780円
  6. 地方消費税(3,700円の17/63)     998円

5+6の合計で、4,778円で実際に徴収された4,800円との22円発生しています。

 

事前試算では3,000円強

関税額=課税対象額(商品代金+送料+保険料)×関税率

個人輸入の特例

関税額=課税対象額(海外小売価格×60%)×関税率
・更に16,000円以下の買い物であれば無税(小売価格に0.60を掛けて、1万円以下なら免税。)になります。
少額輸入貨物の簡易税率のその他のもの(関税率5%)という条件に基づき、次の通り計算しましたが、
関税額=課税対象額×関税率
=781.5ユーロ(131.1円換算で102,454円)
×60%×5%=3073円
となり、請求金額4,800円と乖離があります。

この差が発生した原因は何でしょうか?

60,300円を60%で割り戻すと、105,000円。
この数字は送料を含まない商品代と近い数値です。

なぜか関税が無税対象の品目

先ほどの少額輸入貨物の簡易税率の、欄外注記を注意深く見てみると、以下のような記載がありました。

「上記の関税率とは別に内国消費税(消費税、酒税など)および地方消費税が別途課税されます。

また、無税のものについては、内国消費税および地方消費税のみが課税されます。

これだ!
NEOの関税は無税ということが判明しました。
簡易税率の分類上、「その他のもの」ということなのでしょう。
ゆえに関税は無税で、内国消費税+地方消費税の合計8%が掛かったということです。

再度計算してみましょう!

関税額=課税対象額(海外小売価格×60%)×関税率
=781.5ユーロ(131.1円換算で102,454円)×60%×8%
=4,917円

徴収された4,800円と近しい金額が算出されました。
差額の原因究明ができてスッキリしたので終了します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました